人気ブログランキング |

【RUN】覚醒?

c0136564_21523141.jpgどうも場当たり的なサッカーをやっているように感じてしまう岡田JAPAN、今日の北朝鮮戦はその傾向がより顕著だったように感じるわけですが、それはさておき。
サッカーが始まる前にひとっ走りしてきましたよっと。
これがまた楽しかったのなんのって!
今日はレベルUPした感のあるいい日でした。



 
 
昨日の夜からZINさんと呑み遊んで、うちで「キサラギ」など観て盛り上がって呑み過ぎて。
ちょっと今日は走るの辛いなぁ~なんて思っていたけど、東京マラソンとか目に入ってきて。
ウズウズしだしたので夕方から走り出してしまいました。

この前のTarzanを読んだら、ランニング時の呼吸のことが書いてあって。
今までdaiskeは、昔学校で習った「スッハッスッハッ」、疲れてきたら「スッスッハッハッ」という呼吸をしていたわけですよ。
それがTarzanによるとそれは間違いで、「スー、、、ハー、、、」とやるのが良いらしい。
吐くことを意識するっていうのは前に勉強して知ってたんだけど、呼吸のリズムまで深く考えてなかった。

今日はそれを意識して走り出したわけですが、少し走っただけでいつもより楽でスムーズに走れていることがわかった。
下手に小刻みに呼吸するより、のんびりというか一呼吸をじっくりする感じとでも言うんですかね。
いつも疲れを感じる地点を余裕で通過し、それどころか更に走る走る。
先週8km弱走った際は3回ほど途中歩いたんだけど、今日はその地点までなんとNON-STOP!
ランニングという競技の性質上、ちょっとの改善が大幅な記録更新につながるというのは本当に楽しく、やりがいにもなります。

普段は、身体的なスタミナよりも先に心肺的なスタミナ切れを起こすわけです。
息が苦しくなって精神的に辛くなり気持ちで負けてしまいランニングを切り上げるのですが、今日はまったくそんなこともなく。
息が上がらない→体も大丈夫→当然心に余裕もあるという状況で、途中からは無心でひたすらただ走るだけ、しかもそれが気持ちよくて楽しくて。
この状態がいわゆる「ランナーズ・ハイ」という状況なのかなぁ、なんておぼろげに考えてたっけ。

よく「心・技・体」という言葉を耳にしますが、ランニングにも当てはまりますよね。
daiske的には「心」「身体的スタミナ」「心肺的スタミナ」の3つを高次元で揃えることがランニングには重要だと感じました。
今日は呼吸のリズムを変えたことで一気に距離が伸び、家に帰ってきて恒例のnike+サイトでのルートチェックをしたら、ちょうど10km!
しかも少し余裕がある状態で切り上げたので、まだまだいけそう。

上達の余地があるのかと思うと、すんごく楽しいです。
今日は今まで走ってきた中で一番楽しかった日でした。
やっぱりi-pod nanoの購入を本格的に検討しよう。
きっともっと楽しくなるはず!
そして来年は東京マラソンにエントリーですよ!

by daiske-s | 2008-02-17 21:51 | RUN