人気ブログランキング |

【日記】真実とは残酷なもの

お昼の休憩の時はいつもネットを見ている。
今日大きな扱いをされていたニュースと言えば、江東区の自室マンションで行方不明になっていた女性の殺害事件の話。
新事実が浮かび上がってくるにつれ、いたたまれなくなる。
目を覆い耳を塞いでしまいたくなるような情報ばかり。



 
 
行方不明者の家族はいきなり被害者遺族となった。
警察の捜査と犯人の自供により、行方不明だった女性は殺害された可能性が大きくなったからである。
しかも、もはや女性の亡骸を一目見ることすら叶わないのだ。
何という苦しみだろう。。。想像を絶する。

犯人の自供が事実だとするならば、遺族にとって被害者は、心の中で何度も何度も殺されることとなるだろう。
実際に亡き者にされた上に、追い討ちをかけるがごとく死者を冒涜する許しがたい行為。
そしてそういうあまりにもむごい状況を報道される度に、遺族の心の中では被害者が殺され続ける。
頭から離れないわけがない。

娘の無事を、あるいは妹の無事を、あるいは親友の無事を祈っていたであろう家族や友人・知人の願いは無残に砕け散った。
しかも、いきなり突きつけられた真実はとても残酷なものだった。
亡くなっている可能性が高い上、とてもむごい形で消し去られた可能性があるのである。
これほどむごい仕打ちが世の中にあるだろうか。

もしあんな事実が浮かび上がらず、ずっと行方不明のままだったならば。。。
真実を知らない方がまだ救われたのではないか。
あるいは、どんなにひどい現実だとしてもやはり真実を知りたいと願ったのだろうか。
不謹慎とわかっていながら、そんなことを考えずにはいられなかった。


先日の舞鶴で惨殺された女子高生にしてもそう。
あの事件も、事実や遺体の状況が克明になればなるほど、聞くに堪えないものだった。
遺族の心情はどれだけ蹂躙されるのか。
被害者が絶命に至るまでの恐怖を考え想像し、とてつもない苦しみを感じずにはいられないだろう。
そしてなぜ救えなかったのか、助けてあげられなかったのか、という思いがきっと何度も何度も、何度も何度も頭をよぎったに違いない。


被害者達がいったい何をしたと言うのか。
なぜ彼女達はそのような仕打ちを受けなければいけなかったのか。
なぜ家族達は突然、被害者遺族にされてしまったのか。
まったくわからない。
ただただ、わからない。
きっとどれだけ考えても、答えは出ない。
それは異常な出来事だから。
常識のものさしでは計ることの出来ない出来事だから。
犯人とされる男は、無関係を装って平然とテレビインタビューまで受けていた。
わからない。
その心がまったく理解できない。

by daiske-s | 2008-05-26 21:46 | 日記